推薦図書

新着情報

 2016年7月29日 【日経BP主催】英文コミュニケーション実践講座 [東京] 募集中
 2016年6月22日 今さら人に聞けない! オフショア開発入門講座 募集中
 2016年6月8日 中学英語から始める!シンプル英文テクニック 終了
 2016年5月28日 週末特別企画! シンプル英文勉強会(第2回) 終了
 2016年3月28日 オフショア開発実践セミナー 終了
 2016年3月18日 【日経BP主催】オフショア開発セミナー [東京] 終了
 2016年1月29日,2月12日 【沖縄県委託事業】“日英ハイブリッド型”オフショア開発講座 終了

当社の研修コンサルティングから最新事情を紹介

英訳/前向きな助言や提案・推奨

【問題】

先日終了したオフショア開発プロジェクトでは品質面の課題が浮き彫りになりました。ですが、互いの信頼関係は全く崩れていません。オフショア開発側メンバーの平均年齢は25歳。今回の教訓を糧にすれば、今後の成長に大いに期待が持てます。

そこで、あなたは、若手中心のオフショア側に根本原因分析を勧めることにしました。一方的に反省を押し付けるのではなく、両国メンバーの心を一つにして、これからも一緒に改善に取り組みたい、との意思表示です。

このような状況において、あなたはオフショア側に次のようなメッセージを送りました。括弧内に相応しい英語表現を選択肢から1つ選びなさい。


You ( ) analyze root causes of the problem in detail. ...

「今後も一緒にオフショアを改善したいので、どうか根本原因分析をしていただきたく」という風に前向きな印象を強調したい。


(a) should
(b) must
(c) had better


答えは、オフショア大學メールマガジン過去記事をご覧ください


 オフショア大學メールマガジン登録フォーム
 

メールマガジンの問いかけを抜粋したブログはこちらをご覧ください。ただし、問いかけの「Hints」はメールマガジンのみに記載されています。ぜひ、上記の入力フォームから無料登録してください。お楽しみに!

オフショア大學
オフショア開発に特化したリーダー人材育成機関。開発コーディネータ養成プログラムが充実。
オフショア開発メールマガジン
日本最古かつ最大のオフショア開発情報源。大手マスコミからは絶対に得られない現場ネタが満載。


会社概要

2014年6月24日現在

会社名 アイコーチ株式会社
Aicoach Incorporated

事業内容 成長戦略分野における高度人材育成
オフショア開発に関わるコンサルテーション
オフショア開発プロフェッショナル人材育成
上記に関わる講演・セミナー・執筆・出版

設立 2003年7月14日

場所 〒107-0062 東京都港区南青山3-13-22 善光堂ビル7階
TEL 050-5520-8339

アイコーチ 沿革

2003.07 アイコーチ有限会社を設立
2003.07 メールマガジン「中国ビジネス入門 ~失敗しない対中交渉~」を創刊
2004.09 @IT情報マネジメント連載開始
2005.02 オフショア開発勉強会を開始
2006.11 オフショア開発フォーラム設立
2007.03 オフショア大學設立
2007.12 株式会社に組織替え(旧社名:アイコーチ有限会社)
2008.03 業界専門誌「オフショア開発PRESS」(技術評論社)を企画・執筆・監修
2008.09 PM向け専門書「オフショア開発に失敗する方法」(ソフト・リサーチ・センター)出版
2009.03 業務拡張のため事務所を東京都墨田区に移転
2009.03 SE向け教科書「オフショアプロジェクトマネジメント【SE編】」(技術評論社)出版
2009.09 PM向け教科書「オフショアプロジェクトマネジメント【PM編】」(技術評論社)出版
2010.03 SE向け副読本「SEの「品質」力」(技術評論社)出版
2011.09 業務拡張のため事務所を横浜市港北区に移転
2013.03 業務拡張のため事務所を横浜市中区に移転
2014.06 事務所を東京都港区に移転

アイコーチ 経営理念

グローバルな成長戦略視点から幅広く社会に情報発信し、常に新しい価値を創造し続けます。

異文化&多様性受容に対する意識の高いビジネスパーソンの可能性を最大限に引き出し、道筋をつけて、目標を達成する喜びを共に分かち合います。

アイコーチ 社名の由来

アイコーチのアイは知性(Intelligence)と愛に由来します。

情報戦略が経営の最重要課題となった今日だからこそ、知性と愛にもとづいたコミュニケーションスキルを駆使して、広くインターネットの世界に航海し私たち未来の繁栄に寄与したい。

お客さん自身がすべての源

私たちが祖先から受け継いだボーダレスな感覚で新しいビジネスモデルを構築するにあたり、お客さん自身がすべての源であるという前提に立ちます。

お客さんを知性と暖かいコミュニケーションで援助(コーチ)しつづける

そういう存在でありたい。
このような願いからアイコーチという社名が付けられました。




Copyright(C) アイコーチ株式会社 Allrights reserved.